賃貸住宅管理業総合賠償責任補償制度のご案内

賃貸住宅管理業賠償責任保険のご案内 一歩先行く経営者は会社のリスクを保険で回避する

日管協の賃貸住宅管理業総合賠償責任補償制度は、
賃貸住宅管理業務に起因する万一の損害賠償請求に備える、日管協会員専用の保険です。

ここがポイント!

Point 1

管理業務の賠償責任に
備える保険

管理業務に潜むリスクに備え、経営の安心を提供できる保険です。
Point 2

充実の補償内容

対人だけでなく「対物」「漏水」など起こりうる管理業務の賠償責任に対し、幅広い補償が準備されております。
Point 3

対人事故の自己負担額
を0円に設定

※その他の事故も少額の自己負担額が設定・選択可能です。

補償の範囲(想定される事故例)

接客時の名誉棄損

接客時に、従業員から社会的地位に対する侮辱的発言をされ名誉を傷つけられたとして、顧客から損害賠償を請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

個人情報漏えい

自社のコンピューターがウイルスに感染し、管理していた個人情報が漏えいし、被害者から損害賠償請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

建物管理の不備 1

建物入口のオートロックが機能しないまま放置していたとして賃借人が退去し た。家主から管理不備を指摘され、引越し費用等を損害賠償請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

建物管理の不備 2

内覧時に水道の蛇口を閉め忘れたことにより、家主から水道料金を損害賠償請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

金銭の着服

自社の従業員が入居者から預かった金銭を不正に着服していたことが発覚し、家主から損害賠償請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

クレーム対応の遅れ

騒音等のクレームへの対応が遅くなり、現入居者が退去したため、家主から損害賠償請求された。

〈専門業務事業者賠償〉

建物管理の不備(対人)

建物の管理に不備があったため入居者がケガをしてしまい、損害賠償請求された。

〈施設所有(管理)者賠償〉

建物管理の不備(財物損壊)

自社の管理物件の募集看板が外れ、建物の横に駐車していた車が破損。修理代金を損害賠償請求された。

〈施設所有(管理)者賠償〉

建物管理の不備(漏水事故)

内覧時に水道の蛇口を閉め忘れたことにより、階下の入居者の家財が水浸しになり、家財財物損害を損害賠償請求された。(自己負担30%有)

〈施設所有(管理)者賠償〉

マスターキー紛失に伴う追加費用

マスターキーを紛失してしまい、キーシリンダー等の交換をすることになり、交換完了までのあいだ警備員の配置にかかる費用を損害賠償請求された。

〈受託者賠償〉

※自社の所有・使用・管理する戸室自体の損害は対象外となります。

※賃貸住宅以外の目的に使用している戸室については対象外となります。

補償金額

※1 キーシリンダー交換時における警備員の配置に係る費用も補償。

※2 損害額の70%を補償する内容となっております。

【保険金お支払例】漏水により被った賠償責任1,000万円の場合、1,000万円×70%=700万円

保険料例

※保険料は管理戸数および自己負担額により異なります。

お見積りはこちら

日管協預り金保証制度加入企業の特典

日管協預り金保証制度の加入企業は
当該補償が上乗せされます。

保険金が支払われない主な場合

〈共通〉
  • 被保険者の故意によって生じる損害
  • 地震、噴火、洪水、津波などの天災によって生じる損害
  • 戦争(宣誓の有無を問いません。)変乱、暴動、騒擾、労働争議によって生じる損害
  • 被害者との間に結んだ損害賠償に関する約定等により加重された損害
  • 保険者が所有、使用または管理する財物の損壊について、その財物に対し正当な権利を有する者に対して負担する賠償責任
  • 被保険者の使用人が、被保険者の業務に従事中に被った身体の障害に起因する損害 など
〈施設所有(管理)者賠償責任保険〉
  • 航空機、自動車または施設外における船、車両(原動力が専ら人力である場合を除きます。)もしくは動物の所有、使用または管理に起因する損害
  • 屋根、扉、窓、通風筒等から入る雨または雪等による財物の損害
  • 施設の修理、改造または取壊し等の工事に起因する損害 など
〈受託者賠償責任保険〉
  • 被保険者、その代理人またはこれらの者の使用人が行いもしくは加担した盗取
  • 被保険者の使用人が所有しまたは私用に供する物の損壊、紛失または盗難
  • 貨幣、紙幣、有価証券、印紙、切手、証書、帳簿、宝石、貴金属、美術品、骨董(とう)品、勲章、徽章、稿本、設計書、雛型、その他これらに準ずべき受託物の損壊、紛失または盗難
  • 受託物が委託者に引渡された後に発見された受託物の損壊 など
〈昇降機賠償特約〉
  • 被保険者が故意または重大な過失によって法令を違反したことによる損害
  • 昇降機の修理、改造、取外し等の工事に起因する損害
〈専門業務事業者賠償責任保険〉
  • 役員による犯罪行為または故意に起因する損害賠償請求
  • 日本国外における行為に起因する、または日本国外においてなされたもしくは係属している損害賠償請求

取扱代理店

株式会社エージェントバンク
〒104-0031
東京都中央区京橋3丁目5番3号
竹河岸ビル5階
TEL:03-3562-0744

引受保険会社

Chubb損害保険株式会社(チャブ保険)
〒141-8679
東京都品川区北品川6-7-29
ガーデンシティ品川御殿山
L2010093

ご加入の流れ

STEP 1

下記見積依頼書の必要事項を満たし、日管協事務局にご連絡ください。

STEP 2

日管協事務局から見積書を送付します。

STEP 3

見積書の内容に誤りがないかご確認のうえ、加入依頼書のご送付と保険料のお振込をお願いします。

加入依頼書(PDFファイル 289.0 KB)

重要事項説明書 (PDFファイル 479.0 KB)

リーフレット(PDFファイル 2.3 MB)

見積依頼フォーム

貴社名必須
所属部署必須
担当者必須
貴社住所必須
※半角英数字で正しい郵便番号を入力すると住所が自動挿入されます。
電話番号必須
メールアドレス必須
有効なメールアドレスを入力してください
管理戸数必須

個人情報のお取り扱いについて

当協会は、各種お問い合わせ・お申し込みをいただく際、ご利用者様の個人情報をいただいております。
この文章は、入手するご利用者様の個人情報の保護とお取り扱いにつきまして、個人情報保護法の規定に従いご説明するものです。
  1. 個人情報に関する当協会の基本方針

    当協会は、個人情報保護に関する法令を遵守し、全ての職員が、取り扱う個人情報の重要性を認識するとともに、適正な取扱いと保護に努めます。

  2. 当協会が保有する個人情報

    当協会は、各種お問い合わせ・お申し込みをいただいた、ご利用者様の個人情報を有しています。ご利用者様の個人情報の氏名、性別、生年月日、住所・電話番号・ファックス番号・メールアドレス(勤務先含む)、勤務先の業種、役職、その他の情報を利用させていただきます。

  3. ご利用者様の個人情報の利用目的

    お預かりした個人情報は、購入物の発送、メールマガジンの配信、メーリングリストへの登録、居住用賃貸住宅に関する相談の受付・対応やお問い合わせへの回答、その他当協会主催の研修会または各種事業等に関する情報提供・お申込事項の履行のために利用いたします。また、上記利用目的の達成に必要な範囲で、第三者へ提供いたします。

  4. ご利用者様の個人情報の第三者への提供

    ご利用者様の個人情報は、ご利用者様から委託を受けた事項についての契約の相手方となる者、その見込者、当協会の会員会社、 当協会の各種事業の加入・登録会社、事務代 行会社・発送代行会社等の業務委託先、利用目的の達成に必要となるその他第三者に対して書面、郵便物、電話、ファックス、電子メール等を通じて提供されます。 このための利用は、ご利用者様からの申し出により取り止めます。

  5. ご利用者様からの開示請求、苦情・訂正・利用停止等の申し立て

    (開示請求等)
    お問い合せ先 公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会 事務局
    〒100-0004
    東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル17階
    電話:03-6265-1555 FAX:03-6265-1556 問い合わせ

このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。

PAGE TOP