家賃債務保証事業者協議会では、協議会の趣旨に賛同いただける家賃債務保証事業者の会員を募集しています。
家賃債務保証業は、近時の日本の住宅事情や行政施策とも結びついた入居の円滑化に係る重要性の高い事業であり、業界の発展は国民の豊かな住生活に繋がります。協議会は、家賃債務保証業の研究・教育の実施、行政等の情報提供を通じて、会員の資質向上と業界の発展のために貢献して参ります。
家賃債務保証事業者におかれましては、ぜひご入会をご検討下さい。

家賃債務保証事業者協議会の入会要件

入会手続きに関する規則第2条

協議会の入会資格を満たしていない場合

協議会の入会資格を満たしていない場合、日管協の会員になって頂くとともに、事前の入会審査を受けることができ、その後、入会資格を満たされた段階で入会となります。保証業歴が足りない場合や、自主ルールとの関係から保証委託契約書の修正を要する場合でも、審査を受けられますので、入会までの時間を短くすることができます。

入会承認の流れ

①日管協の入会申込
▼ 入会申込
②日管協の入会審査
▼ 承認
③日管協の特別会員として入会
▼ 入会申込
④協議会の入会申込
▼ 承認
⑤協議会の入会審査
  • 1)保証委託契約書の確認・是正依頼
  • 2)経営状態の審査
⑥協議会の入会資格を満たしていれば入会
  • ※正会員 :管理会社の会員
    特別会員:管理会社以外の会員
  • ※⑤の入会審査は3か月に1度実施されるため、協議会の入会承認までに3~4ヶ月掛かる場合がございます。
    予めご了承ください。

申込にあたっての必要書類

日管協申込時 協議会申込時
  • 協会入会申込書
  • 法人登記簿謄本(3ヵ月以内)
  • 会社案内または会社経歴書
  • 支店・営業所一覧
  • 貴社でご使用の契約書
    (管理委託契約書・サブリース原契約書等)
  • 協議会入会申込書
  • 貴社でご使用の保証委託契約書
  • 決算書(3期分)
  • 貴社の保証案内(パンフレット等)

入会に関する会費等について

日管協の会費

入会金 150,000円
本部年会費 120,000円
180,000円 ※資本金1億円以上の場合
支部年会費 所属ブロックにより異なります。 (参考:東京ブロック年24,000円)

※入会金・本部年会費・支部年会費は日管協に入会後発生します。

協議会の会費

入会金 なし
協議会年会費 24,000円

※協議会年会費は協議会に入会後発生します。
※初年度の年会費は月割計算となります。

入会後について

1)家賃債務保証事業に関する情報発信・定例会のご案内をお送り致します。

定例会等のセミナーは会員価格でご参加することが可能です。

2)協議会HPと家賃債務保証パンフレットの会員名簿に企業名が掲載されます。

貴社のPRツールとしてお使いください。

3)入会特典として家賃債務保証の冊子をプレゼント

これまで当協議会が行った7年間の相談事業のトラブル事例に関する対応策と
未然防止策をまとめた冊子をお送りさせて頂きます。
家賃債務保証制度の仕組み