家賃債務保証事業者協議会

トップ ≫ 家賃債務保証事業者協議会

家賃債務保証事業とは

アパートやマンション等の賃貸借契約を締結する際に、保証専門の会社や信販会社等が借主の連帯保証人に近い役割を果たすシステムです。 こうした業務を行う家賃債務保証事業者は借主等と保証契約等 を締結し、賃貸借契約の期間中に借主が滞納した家賃等を一定範囲で立替えます。

家賃債務保証事業の必要性は

アパートやマンション等の賃貸借契約を締結する際、連帯保証人は親子や親族等に頼むのが一般的ですが、近年は生活の自立(個人)志向の高まりや家族関係の希薄化等により、肉親であっても保証人を頼みたくないという傾向が目立ってきました。高齢者や外国人等、保証人の確保が困難な方もいらっしゃいます。こうして機関保証の普及が強く望まれるようになっています。

なお、家賃債務保証事業者協議会は会員の経営の安定性を保証するものではないため、そうした指導等を行うことはできません。あらかじめご了承ください。
家賃債務保証事業者協議会は、家賃債務保証事業の健全な発展と普及を通じて賃貸住宅供給の円滑化と不動産経営の安定化を図ること等を目的に、平成18年7月27日、(公財)日本賃貸住宅管理協会の内部組織として発足しました。

家賃債務保証事業者協議会の目的(抜粋)

1.家賃債務保証事業に係る調査・研究や業務適正化に係る自主ルールの作成・遵守等により、家賃債務保証事業の健全な発展を促進する。

2.賃貸住宅への入居手続きの円滑化・合理化等を目的に「家賃債務保証事業」の普及を図る。

3.国・地方公共団体等が行う賃貸住宅施策に協力する。

当協議会の加盟会社は、業務適正化のための自主ルールを厳守します。