トピックス

11月30日(水)明海大学が“不動産学シンポジウム”を開催

トップページトピックス一覧 ≫ 11月30日(水)明海大学が“不動産学シンポジウム”を開催

11月30日(水)明海大学が“不動産学シンポジウム”を開催

当協会協定大学の明海大学は11月30日(水)、
すまい・るホール(東京都文京区)にて、

“不動産学シンポジウム”「2020年新たな住宅流通と
価格形成〜『時間』は住宅の価値をどのように変えて行くのか?」

を開催します。主催の明海大学は当協会と協定を
締結している大学で、今回のシンポジウムは
賃貸住宅業界関係者の皆様にとって有益な内容であると
判断したため、ご案内させて頂きます(会費は無料です)。

お申し込みは11月10日(木)までにメールまたはFAXにて、
主催の明海大学へお申し込み下さい(詳細は下記をご参照下さい)。

-----------------------------------------------------------

不動産学シンポジウム 概要

日 時:2016年11月30日(水)13:00〜16:45
場 所:すまい・るホール
     (東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融支援機構 本店1F)

主 催:明海大学不動産学部
共 催:一般財団法人日本不動産研究所
参加費:無料

プログラム:
<基調講演>
『既存住宅流通・リフォーム促進等施策の方向性』
 国土交通省住宅局住宅政策課長 和田 康紀 氏
『これからの団地再生事業〜「地域医療福祉拠点化」という新たな考え方〜』
 独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)
 東日本賃貸住宅本部ストック事業推進部長 間瀬 昭一 氏
<パネリストによる研究報告>
『首都圏におけるマンション価格と賃料の長期均衡関係分析』
 一般財団法人日本不動産研究所 研究部 研究員 金 東煥氏
『韓国マンション市場における経年減価に対する居住者の意識分析』
 一般財団法人日本不動産研究所 研究部兼国際部 研究員 曹 雲珍 氏
『賃貸用共同住宅のリフォーム後の賃料プレミアムの計測』
 明海大学不動産学部 准教授 小松 広明
『住宅流通の市場と政策』
  明海大学不動産学部 教授 周藤 利一
『建物の最適な大修繕規模、時期とその効果に関する理論的検討』
  明海大学不動産学部 教授 前川 俊一

申込方法:氏名、住所、電話番号をご記入の上、
メールまたはFAXにてお申し込みください。
 [メール] m-sympo●meikai.ac.jp ※●は@
 [FAX]  047-355-5280
申込期限:11月10日(木)
お問い合わせ先:明海大学不動産学部
TEL 047-355-5120
2016年10月25日