日管協ビジョン

トップ ≫ 日管協ビジョン

日管協ビジョン

2013年5月制定
 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会は、住宅ストックの約4割を占める賃貸住宅の社会的な重要性を鑑み、
  • 居住者に安全・安心・快適な住環境を提供する
  • 所有者の資産価値の維持・向上を図る
  • 管理者(賃貸住宅管理業者)の社会的役割・地位を確立する
以上、3つの価値を居住者、所有者、管理者が一体となって実現するために、協会ビジョンを制定する。
  • 高度な業務倫理に基づいた”専門的な賃貸管理業務の確立”
  • 管理業務の適正化による”公正・公平な賃貸市場作り”
  • 不動産管理業から”資産管理業”への領域拡大
  • ”専門知識を必要とする賃貸住宅”の管理業務の確立
  • ”プロの管理する質の高い管理物件”の増大