トピックス

『相続支援コンサルティング 秘密保持契約書/業務委託契約書』完成!

トップページトピックス一覧 ≫ 『相続支援コンサルティング 秘密保持契約書/業務委託契約書』完成!

『相続支援コンサルティング 秘密保持契約書/業務委託契約書』完成!

当協会の相続支援研究会は、
相続支援コンサルティングのための
「秘密保持契約書」並びに「業務委託契約書」
を作成しました。

本書式は、実際の相続支援業務を
行うにあたり、事前にオーナーと
秘密保持契約や業務委託契約を
結ぶことによって、円滑に業務を
遂行することが可能となります。

秘密保持契約書(ひな形)
http://www.jpm.jp/doc/himitsuhozi2.docx

業務委託契約書(ひな形)
https://www.jpm.jp/contract/Outsourcing.doc

以下、監修した顧問弁護士が本書式について解説します。
----------------------------------------------------

実際にオーナーから相談を受ける際には
個人情報や保有資産など秘密情報が多いため
事前に秘密保持契約を結びましょう。

秘密保持契約書があるだけで
オーナーの安心度・信頼度が向上します。

その後、費用が発生する相続支援業務を
行う際は、必ず業務委託契約を結んで
トラブルがないようにしてください。

実際に本書式を使用する場合は、
事前に顧問弁護士等に相談し、
記載内容を確認してください。

特に委託業務内容は
弁護士法や税理士法など
業法違反に注意してください。

また、オーナーへ事前に
委託内容や委託料を書面をもって
十分に説明し、納得いただいたうえで
業務委託契約を締結してください。

相続支援業務は多岐に渡るため
誰でも簡単にできるわけではありません。

一定の講習を受け、知識を有する
日管協認定登録の相続支援コンサルタントが
窓口となって進めることが望ましいでしょう。
2016年11月09日