協会概要

トップ ≫ 協会概要

協会の目的

本協会は、賃貸住宅が住生活の安定の確保及び向上の促進において重要な役割を担っていることに鑑み、賃貸住宅における健全かつ専門的な運営・管理業務の確立並びに普及を通じて、賃貸住宅市場の整備・発展を図り、豊かな国民生活の実現に寄与することを目的とする。

(公財)日本賃貸住宅管理協会ロゴマーク


コンセプト

幸福のシンボルであるクローバをモチーフに、本協会が親しみを持って世の中に受け入れられることを目指して策定しました。
小葉はそれぞれ、賃貸住宅市場に関わりの深い「借主」「貸主」「会員(管理業者・関連業者)」「社会(地域・環境)」を表し、お互いの結びつきを一筆書きで表現しています。色彩は、青色は「誠実」、赤色は「情熱」、黄色は「幸福」、緑色は「希望」を表しています。

協会概要

設立までの経緯

平成7年4月、公益法人化を目指して日本賃貸住宅管理業協会が発足 (賃貸住宅管理業協会と全国賃貸管理業協会の2団体が統合) 平成13年3月21日財団法人日本賃貸住宅管理協会の設立が許可される。
その後の公益法人制度改革により平成23年9月内閣府公益認定等委員会に公益財団法人への認定申請を行い平成24年3月答申得て、平成24年4月1日公益財団法人日本賃貸住宅管理協会となる。

会長

末永 照雄

規 模

1,321社(H28.4月)
会員の総管理受託戸数:約500万戸


支部組織

北海道ブロック、東北ブロック、北関東ブロック、東関東ブロック、 東京ブロック、甲信ブロック、神奈川県ブロック、東海ブロック、 北陸ブロック、近畿ブロック、中国ブロック、四国ブロック、 九州ブロック、沖縄ブロック